人間は懐古する葦である

色々とどうでもいいことを書いていきます

戦国編ざっくり概要

※当記事は根拠のない理論、主観的な意見、曖昧な当時の記憶を元に構成されています

 

戦国編時代の延長戦を主軸にした神化編時代の懐古デュエマシリーズですが

そもそも戦国編とは何なのか? ざっくりと概要を述べたいと思います

 

①インフレ

転生編・不死鳥編はデフレ時代であり、売り上げ的にデュエマ暗黒期でした

そこで極神編からインフレ志向になってきました

そして極神編の翌年に始まった戦国編はさらにインフレを決定づけていきました

・純粋に強いカードパワーを持ったカードが続々と登場

・(極神編から続く)スーパーデッキシリーズを中心とした豪華な再録商法

・そしてインターネットの普及がかなり促進されていた時代背景と重なり、ガチ戦術や構築レシピの情報が広く拡散

・全国的なTCGショップ開業ブーム、ネットを介した通販サイトの充実によるレアカードの入手難度の低下

などの要素により確実にインフレが進んでいきます

不死鳥編まではデーモンハンドすら手に入れるのは地方のユーザーでは苦労する時代でした

その時代と比べたらまずユーザーの保有するカードの性能の質は確実に上昇してます

※それこそ最初のスーパーデッキでデーモンハンドが4枚収録されていたときは驚いたものです

そしてそれと同じくしてネットによる情報拡散により、プレイヤーの平均的なスキルは上がっていきました

今の若いユーザーには信じられないかもしれませんが、この時代のほんのちょっと前まではどのTCGタイトルにおいても、アドバンテージの概念を理解してない人もたくさんいる時代でした

※例:遊戯王の強欲な壺を強いと気づかない、青銅の鎧はデッキ枚数を早く減らすから弱いカードという誤認等

まさにハード面ソフト面の両方でインフレが進んでいきました

 

②多様性に富んだ環境

またこの戦国編の特徴として

多種多様なデッキタイプが第一線で活躍し、中堅以下のデッキでも十分大会で勝ち進む可能性を有していた

というものがあるでしょう

トップメタと呼ばれるデッキだけでもたくさん存在しましたし

メタゲームからは一段階落ちるが、十分強いとされるデッキまで含めたらもう数えきれません

なぜこのように多種多様なデッキタイプがまさに戦国時代のように乱立したか?

あくまで個人的な目線での考察なので申し訳ないですが

・強カード達がちょうどよい強さで互いに拮抗状態を保っていた←ぶっちゃけこれ

※突出した強カードが少ない割には、強カードと呼ばれるカードが大量に存在しえた

・単体で機能する強カードも多かったので、どんなデッキタイプでも、それらの強カードを入れておけばある程度の強さを維持できた

・極神編までの強すぎるカード達がしっかりと規制されていた

などが考えられると思います

まとめると圧倒的な戦力を誇るデッキタイプが存在しないのと同時に、どのデッキタイプも勝ちに持っていけるだけの強さを有していたということになります

 

③グッドスタッフ志向

恥ずかしながら現在のデュエマの事情を持ち合わせてないので、当時の遊戯王との比較になります

私はデュエマと同時に遊戯王もずっとやっておりました※遊戯王は現在も継続中です

08年当時のデュエマと遊戯王を比較して感じていたのが

08年時点で遊戯王がだいぶカテゴリテーマ化していたことです

遊戯王の詳細は省きますが、この時代で既に遊戯王はカテゴリテーマがたくさん登場しており、またそれらの中には環境でもだいぶ上位に食い込むテーマをありました

それに比べればこの時のデュエマはせいぜい種族統一やサバイバーやWS辺りのまとまりぐらいしかなく

特にコントロール系デッキはグッドスタッフの模様を呈していました

このグッドスタッフ状態は以下のメリットがあると考えます

・始めたばかりでカード資産の少ないユーザーでも、とりあえずあり合わせの強めのカードでグッドスタッフ気味に構築すれば、ある程度のデッキ戦力を持てた

・フィニッシャーや主軸となるコンボは個別だが、そのほかの基礎部分となるカード群はかなり共通化していたので、ちょっと主軸となるカードを変えさえすれば様々なデッキタイプを構築できた

・基礎部分の強パーツは再録が積極的に進められていたので、ガチデッキでも比較的安値で構築可能だった(もちろん高額なデッキタイプもあるが)

まとめるとこのグッドスタッフ志向によりもたらされる効果は

初心者でも参入しやすく、また比較的安値で(ガチ寄りからファン寄りまで)様々なデッキが構築可能だった

となります

 

ざっくりとはしてますが、大体この辺が戦国編の概要です

戦国編すごい理想的な環境じゃん

と思われるかもしれません

確かにそれには同意しますし、世間的にも戦国編は良環境といわれています

しかしもちろん問題点もありました

そしてその問題点のうち一つが、私はどうしても許容できないために

懐古を神化編時代まで延長戦するのです(笑)

その辺は次回の記事で述べたいと思います