人間は懐古する葦である

色々とどうでもいいことを書いていきます

旧人類の最後の時代と当時の殿堂リスト

長らくブログを放置して申し訳ありません
実は懐古デュエマシリーズを始めると宣言するまでのは良かったのですが
よくよく考えると、自分のデッキはそこまで煮詰められてないのでは? と思いデッキレシピを練ってました(笑)


何はともあれ、これからは実際に懐古デュエマ時代のデッキを紹介したいと思います
さて前の記事でも書きましたが、このブログ上での懐古デュエマの定義を再掲示したいと思います


懐古デュエマ=神化編4弾までのカードプールと、09年12月19日付の殿堂リスト下で行う、戦国編デッキの延長戦


となります
ざっくりといえば戦国編時代のデッキの神化編下での改良されたレシピの紹介です

じゃあ具体的にはどんな状態の環境なのよ? ってことですが、


まずは神化編4弾までという条件ですが
これはサイキッククリーチャーが登場する直前の時代と考えていただければいいです
一般論ですが、デュエマはサイキック登場前と後でユーザー層の入れ替わりが起こります
簡単に言えばサイキックを許容できずに去っていく旧人類と、サイキックの下で新しいデュエマ文化を築く新人類です
この辺は遊戯王でいうシンクロ導入期に見られた光景と似ています
長くなりましたが、神化編のカードプールまでという条件は「旧来型のデュエマの最期の時期」と認識していただいて大丈夫です
※ちなみに私がデュエマを引退した理由はサイキック云々とは関係ないことが原因です


次に09年12月19日付の殿堂リストという条件ですが、これは実際のリストを掲示します

・プレミアム殿堂
無双竜機ボルバルザーク
ヘル・スラッシュ
ロスト・チャージャー
ボルメテウス・サファイア・ドラゴン
フューチャー・スラッシュ
アクア・ポトロール
炎槍と水剣の裁
ケルトン・バイス
母なる大地
凶星王ダーク・ヒドラ
呪紋の化身
ソウルアドバンテージ
インフェルノ・ゲート

・殿堂
サイバー・ブレイン
ディープ・オペレーション
ストリーミング・シェイパー
エメラル
アストラル・リーフ
アクアン
クローン・バイス
予言者マリエル
魂と記憶の盾
アクア・ハルカス
パシフィック・チャンピオン
インフィニティ・ドラゴン
超竜バジュラ
バジュラズ・ソウル
母なる紋章
英知と追撃の宝剣
雷鳴の守護者ミスト・リエス
聖鎧亜キング・アルカディア
不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
インフェルノ・サイン

このリストを簡単に説明しますと
分かりやすいぶっ壊れなカードが規制を喰らってる感じですね
ダークヒドラサファイアがプレ殿だったり、逆にキングアルカが1枚入れることが可能だったりするのが現代と違いますね
強力な水ドロソがまだ殿堂入りどまりだったり、逆にミストリエス・ギャラクシーなどと言ったクリーチャーは規制が強いです


さて、では実際の環境はどうだったのかと言うと……私にはよくわかりません(笑)
前述の記事でも申した通り、実際にデュエマをプレイできてたのは戦国編までであり、神化編の頃は惰性でカードを少量買い足していた程度です
※再掲になりますが、このブログ記事シリーズを神化編の時代設定にしたのは、単にソルアドがプレ殿するには、この時期まで延ばす必要があったからです
まあそんな神化編があまり分からない自分のような人間にも、
キリコ・青単速攻・黒緑速攻・Mロマ などといったデッキの強さは伝わってきたので、一般論でも言われる通りこの辺りのデッキが世間では強かったようです


ですが、このブログでは戦国編時代の延長戦を主軸のテーマとして取り扱いますので、その点はご了承ください
では次の記事から実際に私のお気に入りデッキの紹介をしていこうと思います
少しでも懐古の気持ちになっていただければ幸いです